院長コラム DOCTOR COLUMN

ジェネリック医薬品(のからくり)について

この数年来TVコマーシャルにやたら「ジェネリック医薬品」のコマーシャルが増えてきました。

高橋英樹さんがイメージキャラクターになっているS製薬、黒柳徹子さんがイメージキャラクター

になっているT薬品などです。

「同じ薬効で、安い」「患者さんのために飲みやすくしている」など耳触りのよい謳い文句が

並んでいますが・・・

国も膨張し続ける医療費を何とか抑制しようと調剤薬局にもノルマを課して、何とかして患者さんに

ジェネリック医薬品を使ってもらおうとしています。

医療費抑制のためにはある意味仕方がないとも思いますが・・

でもジェネリック医薬品は利点ばかり宣伝されて、ジェネリック医薬品の問題点については

ほとんど一般の患者さんはご存じないのではないでしょうか。

問題点1:本当に同じ薬効があるのか?

ジェネリック医薬品は「特許が切れた薬」とされています。

ただし特許が切れたのは「物質特許」、つまり薬の有効成分本体で、薬にはそのほかに

「製剤特許」が存在します。これは薬の有効成分に添加物を加えることで薬を安定化させたり

溶けやすくししたり、飲みやすい剤型にしたりするものです。

現在ジェネリック薬品のほとんどは薬の有効成分は同じであっても、添加物などが異なるものが

ほとんどなのです。同じ有効成分でも添加物が異なると薬がどのように溶けていくか、どのくらい

の速度で吸収されていくのかが変わってしまい、先発医薬品に比べて、効果の出方だけでなく、

副作用の出方にも変化が出てくる可能性があるのです。

またジェネリック医薬品の中には先発医薬品と適応症が異なるものもあり、処方する我々自身も

注意しなくてはならないものもあります。

問題点2:本当に安全なのか?

ジェネリック医薬品には「有効性の試験」は存在しても「安全性の試験」はありません。そのため

安全性のデータが存在しないのです。ジェネリック医薬品に変えたとたんに今までなかった副作用が

生じる可能性もあるのです。

ジェネリック医薬品が普及するにつれて、最近先発メーカーが子会社を作って、そこでジェネリック医薬品を

製造するようになってきました。その中で同じ製造ラインで、同じ添加物で作られたいわゆる「オーソライズド・

ジェネリック」と呼ばれる有効成分も添加物も製造方法も先発医薬品と同じものが出るようになりました。

私はジェネリック医薬品をすべて否定するつもりはありません。先発医薬品と変わらない、あるいはそれ以上に

素晴らしいものもあります。ですがこのような問題点、リスクが存在することを忘れないでいただきたいと

思います。もし調剤薬局で薦められて、先発医薬品からジェネリック医薬品に変えて体調に変調が少しでも

感じられたら、迷わず、多少お金がかかっても先発医薬品に戻されることをお勧めいたします。

IMG_2510

 

院長コラム

僕はガラケー派、ずっとこれからも・・

IMG_2314

家内も子供たちも携帯からスマホに変わって、家族でガラケーを使うのは

僕だけになってしまいました。

でも最近ガラケーが見直されてきて、販売台数も若干上向きだそうな・・

世間の皆様がスマホで、ゲームやLINEに夢中になっておられる姿をみて

僕はかわいそうやな~と思っています。

若い人たちが一度しかない人生でどれほど多くの時間をスマホごごときに

無駄に費やされているのか・・

実は僕もスマホを持ってはいるんです。

でもゲームもLINEも一切しません。

Facebookを覘いたり、検索したりが主な目的、つまり手持ちPCとしての役割のみ

です。連絡、メールはガラケーで十分です。

スマホはスマホで極めて有用なツールとは思います、一歩間違えばすぐに

中毒、依存症になってしまう危険なツールだと思います。

僕の周りにも依存症がいっぱいいます。

僕はこれからもガラケー派です。

 

院長コラム

肺炎球菌ワクチンの定期接種について

IMG_1826

今年も肺炎球菌ワクチンの定期接種が4月1日から始まりました。

西田敏行さんのテレビCMでもすっかりおなじみになりました。

接種の対象となるのは・・・

1)今年の4月1日から来年の3月31日まで(今年度中)に65歳以上の

5歳刻みの年齢(70歳、75歳、80歳・・・)の年齢になられる方々

2)60歳以上65歳未満で身体障害者手帳1級を持っておられる方

(障害者手帳の提示が必要)

です。

対象となられる方々には市町村から連絡のはがきが来ていると思います。

該当する年齢の方々は助成金をうけて居住されている市町村内の診療所で

ワクチン接種を受けることができます。

尼崎市内に居住されている対象者は4000円の自己負担で接種を受けることが

できます。(自己負担額は市町村により異なります。)

ただし助成金による定期接種は一生に一回きり!

このワクチンは5年間効果が持続します。一回助成金による定期接種を

受けられて5年後に再度受ける際には自費で接種を受けることになります。

それとこれはよくある誤解なのですが・・・

このワクチンを打っておけば一生肺炎の心配がなくなるわけではありません。

肺炎球菌は肺炎の原因の中で一番多い原因菌で、肺炎全体のおよそ1/4が肺炎球菌

による肺炎といわれています。

つまりこのワクチンを打つことにより肺炎にかかるリスクを1/4減らせることが

できるということなのです。

現在肺炎は日本人の死亡原因の第3位です。

特に種々の合併症をお持ちの高齢者の方々はこのワクチンの接種を受けられて

損はないと思います。

 

 

お知らせ / 院長コラム

院長コラムはじめます。

朝田医院 内科・循環器科 院長の朝田真司です。

この度、ホームぺージの、リニューアルに伴いまして、コラムを連載いたします。

皆様にお役立ていただける医療情報から、私のプライベートなトピックスまで

楽しんでご覧いただけましたら幸いです。

それではどうぞよろしくお願い致します。

 

DSC_0101

 

お知らせ / 院長コラム

カテゴリー

アーカイブ

最近の記事